【冗談じゃないよ!】BTSのMステ出演中止にタモリが激怒した理由に納得。。。

国際的な人気を誇る韓国の7人組男性

音楽グループBTSが9日夜に放送予定であった

ミュージックステーシヨン(Mステ)の

出演を取りやめるといった事態が起きました。

理由としては、メンバーが以前着ていたTシャツに

原爆投下時の画像がプリントされていて、

波紋を呼んでいたのが原因だったようですが、

その裏でMステの司会者であるタモリさんが

ある理由で激怒したとのことです。

国際的な人気を誇る韓国の7人組男性音楽グループ

BTSが9日に放送予定であったテレビ朝日の音楽番組

「Mステ」への出演を中止したのです。

メンバーが来ていたTシャツに波紋が呼んで

いたとのことですが、その問題のTシャツには、

「 PATRIOTISM(愛国)」

「LIBERATION(解放)

「 KOREA(韓国)といった言葉と

何と原爆投下後のキンコ雲の様子も

プリントされているから驚きです。

BTS側は8日に、グループのホームページ上にて

このように謝罪をしています。

「楽しみにしていただいたファンの皆様には

残念な結果となり、お詫び申し上けます。

BTSは今後も、よりいい音楽とステージで

ファンの皆様とお会いできるよう努めて参ります」

とコメントをしていました。

しかし、この謝罪だけでは今回の騒動は収まらず、

多くの批判が続いています。

このTシャツの意味を知らないで

着ていたでは済まされる話ではない。

一体どういうつもりで、このようなTシャツを

着ていたのか、しっかりと説明をして欲しい。

反日グループが日本に来て、Mステで

曲を披露して何をするつもりだったのか?

お前らは一生日本に来るな。

日本をバカにするのもいい加減にして欲しい。

とこのようなBTSに怒りを感じる方も多いようで、

現在ネット上は大荒れ状態です。

実は、BTSが出演する予定であった9日のMステには、

椎名林檎さんも宮本浩次さんとコラボした曲を

披露するために、出演することになっていたのです。

椎名林檎さんといえば、愛国心が強い歌詞を

書くことで有名であリ、2014年のワールドカップのテーマ曲

「NIPPON」もその代表曲の一つであり、

ナショナリズムの強い歌手の一人であります。

そんな彼女と反日と呼ばれているBTSがバッティングする

ことになりそうだったので、テレビ朝日関係者も大慌てだったようです。

また椎名林檎さんのフアンからは、BTSと一触即発に

なってしまうのではないか。・・という心配もされていました。

しかし、これはまだまだ序のロのようであり、

実は司会者のタモリさんがBTS出演の裏で怒りを

滲ませていたとテレビ関係者はこのように話しています。

「BTSのMステ出演に関しては、椎名林檎さんと

バッティングしてどうのこうのといった問題はまだ緩いですよ。

あのタモリさんの番組でBTSに出演依頼するなんて、

テレビ朝日もどうにかしていますよ。

タモリさんは日本の芸能界を代表する名司会者であり、

視聴率も取れます。

そんなタモリさんの名番組である

『笑っていいとも』が終了したのは、

フジテレビが韓流ゴリ押しで、

数多くの愛国者を敵に回していたから何ですよ。

恐らくBTSの出演にタモりさんがテレビ朝日に猛抗議をしたのでしょう。

『なぜ反日グループを番組に出演させるのか?冗談じやないよ』

ど。

テレビ朝日側セッティングのミスだとしても、

このようなことが続くとタモリさんがMステをで辞めて、

Mステ自体が『笑っていいいとも』のように

消えてしまう可能性だってあります。」(テレビ関係者)

これが事実であればBTSの出演はタモリさん的には

完全にNGであり、テレビ朝日は何を一体考えていたのだろうか、

知らなかったでは済まされない。。。

といったように、テレビ朝日に今後は抗議や

批判が向く可能性もあるかもしれません。

ちなみにBTS(防弾少年団)は2013年6月12日韓国デビューした

韓国男性ヒッフホッフアイドルグルーフであり

グループ名の由来に関しては、10代や20代に向けられる

抑圧や偏見を止めて、自身たちの音楽を

守りぬくとい意味を込めていると言います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です