お母さんが作った料理が大失敗…。その時の父の一言が僕の人生の中で一生頭から離れない。

皆さんの幼いころの食事の風景ってどんなものでしたか?

幼い頃の夕飯の時間は、だいたい一家団欒でワイワイと食事をし、温かい空気が流れていたのではないでしょうか。

しかし、時にはその場が凍りつくようなハプニングが起きることもありますよね。

今回ご紹介するのは、一人の男性が少年時代に体験した心温まるエピソード。

当時少年だった男性は、この時のことが脳裏に焼き付いていて、今でもハッキリと覚えているといいます。

一体どんなハプニングが起きたのでしょうか?

その日はいつものようにお母さんはキッチンで家族の夕飯を作っていました。

仕事から帰宅したこの日のお父さんは、普段以上に疲れた様子でクタクタになっていたそうです。

夕飯のメニューはシチューとトースト。

しかし、目の前に出されたトーストを見て、少年は息を飲みました。

こんがり美味しそうとは決して言えない、真っ黒な石炭をスライスしたようなトーストだったのです。

私はなんて言っていいのかわからず、お父さんの言葉を待ってみる事にしました。

疲労困憊のお父さんがどう反応するのかビクビクし不安に思っていると、お父さんは何も言わずにそっとトーストを手に取り、ハーブ入りのバターをぬって美味しそうに食べ始めたのです。

何事もなかったかのようにたっぷりのシチューと共に食事を始めたお父さんは、黒焦げになったパンを頬張りながら、いつものように僕に今日は学校でどうだったのか、宿題は終わったのかと話してきました。

私は何て答えたかはもう覚えていないが、その後に起きた出来事を私は一生忘れることができないと思う。

お母さんは何も言わずに食べ始めたお父さんに対し罪悪感を感じたのか、焦げたパンについて謝り始めたのです。

しかし、お父さんは落ち着いた様子で、

「何を言っているんだい、ハニー。

僕の一番好きな焼き加減だよ」

とニッコリ微笑んだのです。

その晩、お父さんが私の部屋に来て、おやすみのキスをしてくれた時に、本当に焦げたパンが好きなのか聞いてみました。

お父さんは少年をそっと抱きしめてこう言いました。

『いいかい?ママは今日とっても疲れているんだ。こんな失敗毎日あるわけじゃないだろ?たまにはパンが焦げる事だってあるさ。』

『それにね、少しぐらい焦げたパンを食べたって何も悪いことはないんだよ。悪いのは、間違った時に間違った事を言ってしまうことだ。』

お父さんは強く私を抱きしめて、

『これからの人生、思い通りにいかないことが沢山出てくる。人間は完璧な生き物じゃないんだ。』

『例えばパパはね、約束事を忘れてしまったり、結婚記念日を忘れてしまうことだってあるんだ。でも、時間が経つにつれて人は周りの失敗や間違いを許せるようになってくるんだ。その失敗さえも愛せるくらいにね!これが2人の関係が長く幸せに続く秘訣なんだ。』

『人生は後悔に時間を費やすほど長くはない。ただ単純に、自分を大切にしてくれる人をしっかり愛せばいいんだよ。』

当時は幼く、お父さんの語ったことの全てを理解することができなかった私。

あれから時を経て、あの時のお父さんが何を伝えようとしていたのか、今ならよくわかる。

子供のころは理解のできなかった親の言葉も、大人になってわかることってよくありますよね。

とても器の大きいお父さんを持った少年と奥さんは幸せ者です。

お母さんも1日家にいることは決して楽なことではありません。

1日家にいるからこそ、とても大変なことだってあるのです。

そんな長い1日を終え、家族の為に心を込めて作られたお母さんの料理に難癖をつけるなんてもってのほか。

そんなお母さんの心労をしっかり理解している、とても偉大なお父さんと息子のエピソードをご紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です